支店長弁護士インタビュー

藤沢支店長 神奈川県弁護士会 田島 宏峰弁護士

泉総合法律事務所藤沢支店長、田島宏峰(たじまひろみね)弁護士のインタビューです。ご相談いただくにあたり、心がけていることなどをインタビューしました。

相談室の窓にはサッシがあり外からは見えないようになっています

――― まずは、藤沢支店についてお聞かせください。藤沢支店の事務所周辺の街の雰囲気や印象、駅からの道のりで、歩きやすさ・道の分かりやすさなど、来所しやすさにつながっている特徴をご紹介ください。

JR藤沢駅から徒歩7分くらい、小田急藤沢駅からも同じくらいの時間です。江ノ島電鉄藤沢駅からだと徒歩10分くらいでしょうか。事務所のある建物はエレベーターが使えますので、怪我をされている方も安心してご利用いただけます。事務所専用の駐車場はありませんが、近くにはコインパーキングもあります。

その他、近くにビックカメラやジュンク堂があるので便利です。また、自分の使っている銀行の支店があるので預金管理にも支障がありません。

 

――― 事務所の相談室の特徴をご紹介ください。また、ご相談者様のプライバシー配慮、相談しやすい雰囲気のために工夫していることがあればご紹介ください。

相談室の窓にはサッシがあり、外からは見えないようになっているので、外部の人間からご相談が発覚するおそれは低いです。また、事務所の建物にはほかにも複数のテナントが入っているので、建物に入っても当事務所のご利用が外部から特定される可能性は低いため、安心してご来所いただけるようになっています。

 

依頼者様が法的な観点から妥当な結論を得られることを重視しております

――― 田島先生のご相談者様への対応についてお聞かせください。できるだけ早くレスポンスをするために、心がけていることや、ご相談者様と同じ目線で法律相談をするために、心がけていることなどをご紹介ください。

お問合せのお電話をいただいた際には、遅くとも翌日までにはお返しすることにしております。また、依頼者の方は弁護士の手控えの一覧表としてまとめており、進捗の確認がすぐできるようにしております。

相談者様には基本的に丁寧な言葉遣いを心がけております。
また、相談者様のご認識は事案解明のため不可欠なので、ご相談では綿密な聴き取りを行っております。

 

――― 法律相談で、ご相談者様と接する際、先生が大切にしていることや、事件解決にどのように取り組んでいきたいかの意気込みをご紹介ください。

弁護士の存在価値は、突き詰めると民事裁判での代理権・刑事裁判での弁護権があることになります。したがって、私は裁判になった場合どうなるかを根本に据えてご相談内容を検討します。具体的には、挙げられた証拠関係から裁判で勝訴できるか否かを判断します。

 

――― 先生にとって、事件解決に取り組む際のモチベーションとなっているものをご紹介ください。

大事なのは証拠と、証拠から証明できる事実は何かということです。そうした専門家としての視点は常に大事にしております。

 

――― 法律相談における早期相談の重要性について、痛感したエピソードがあれば、ご紹介ください。

刑事事件でご相談された時に、もっと早く相談いただければ不起訴で終わらすことが可能だったのではないかという事案がありました。何かまずいことをしたのではないかと気持ちに引っ掛かることがおありの方は早めのご相談をお勧めいたします。

 

――― 最後に、お聞きします。先生は弁護士として、ご相談者様に何を提案又は提供したいとお考えですか。

依頼者様が法的な観点から妥当な結論を得られることを重視しております。裁判は多かれ少なかれ偏見が入るものであり、法的に妥当な結論が常に得られるというわけではありませんが、少しでも妥当な結論に近づきたいと考えております。

 

――― インタビューは以上です。田島先生、ありがとうございました。

ありがとうございました。

無料相談受付中! Tel: 0120-023-474 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-023-474
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ