交通事故

非接触事故とは?過失割合はどうなるのか

非接触事故とは?過失割合はどうなるのか

交通事故の多くは、衝突・追突などの接触によって起こります。

しかし、例えば、前を走っているバイクを後方から来たトラックが追い抜こうとしたときに、トラックがバイクに近寄りすぎて、接触はしなかったけれど、風圧によってバイクが転倒してしまうということがあります。

また、先行するトラックが突然進路を変えたので、後方のバイクが急ブレーキをかけてバランスを崩し転倒してしまうということもあります。

このような非接触による交通事故の場合、バイクの運転手はトラックの運転手に対して損害賠償請求をすることができるのでしょうか?

1.非接触事故の因果関係

交通事故の損害賠償請求は、不法行為による損害賠償請求です。不法行為では、他人の故意もしくは過失によって、損害を受けた場合には損害賠償請求できることになっています。

そのため、トラックの運転手の過失による行為によって、バイクの運転手が損害を負ったといえるのであれば、衝突した場合に限らず、非接触事故の場合でも損害賠償請求をすることができます

ただし、非接触事故の場合には、本当にトラックの運転手のせいでバイクが転倒したのか、それともバイクが勝手に転んだのか、別の原因で転んだのではないかという「因果関係」が争われることが多くなります。

例えば、大阪地方裁判所平成28年9月2日判決では、「被告の中型貨物自動車が、片側二車線の大阪環状線の第二車線から第一車線に進路変更したところ、第一車線を直進してきた原告の自動二輪車が急ブレーキをかけ転倒した事故」について、因果関係の有無が争われました。

この事案では、被告は、原告が被告車を発見した時点で安全な車間時間(2秒)に対応する距離があったため、被告車の進路変更と原告車の転倒には因果関係がないと主張していました。

つまり、被告は、計算上は安全な進路変更が可能な状況だったので、原告が適切にブレーキをかけていれば、被告との接触を回避することが物理的に可能であり、原告が転倒することもなかったのだから、被告の進路変更と原告の転倒との間には因果関係はないと主張したのです。

これに対して、裁判所は、「因果関係の判断は、周囲の道路状況や運転手の状況等を考慮した上で個別具体的にされるものであって、安全な車間時間からただちに判断することはできない」としました。

そして、当時の原告の時間的・空間的・心理的に切迫した状況を考慮すれば、被告の進路変更と原告の転倒との間には因果関係があると判断しています。

また、大阪地方裁判所平成26年3月11日では、「東行片側1車線の左側に分岐点が生じる地点で、原告運転の二輪車が先行する被告運転の自動車を追行する形で走行し、被告車との車間を詰めていたところ、分岐点に差し掛かった被告車が、急に左折の方向指示器を出して左折を開始したため、被告車との接触を回避しようとし原告が急制動し、転倒した非接触事故」と裁判所は認定しましたが、被告は、原告運転の二輪車は道路に落ちていた空き缶を踏んでバランスを崩して転倒したのであり、被告の左折とは因果関係がないと主張していました。

しかし、状況の不自然さからその主張が採用されなかったものです。

さらに、水戸地方裁判所平成29年11月30日判決は、右折先の横断歩道上の歩行者(70歳)を見落として、歩行者に自動車が(低速で)接近したところ、歩行者が狼狽して転倒し、高次脳機能障害等の障害を負ったという事案について、自動車の運転手は因果関係を争いましたが、裁判所は因果関係を認めました。

これは、運転手が自動車運転過失傷害罪で起訴された刑事事件で、運転手には、禁固1年4月、執行猶予3年の有罪判決が下されています。

なお、運転手は因果関係を争っていましたが、運転手が加入していた任意保険会社は、治療費などを歩行者に払っていました。

このように、非接触事故では、加害者の行為が被害者の転倒の原因かどうかということは、かなり強く争われる傾向があります。

2.非接触事故の過失割合

トラックの行為とバイクの転倒との間に因果関係が認められると、次は過失割合の問題になります。

過失割合は、当事者の合意によって決めるか、裁判所が決めるかどちらかによって決まります。

交通事故の発生後は、双方が加入している保険会社同士が過失割合について話し合いをしますが、当事者は、必ずその話し合いの結果を受け入れなければいけないというわけではありません。

過失割合を決める要素には、被害者の事故回避措置の適切性、加害者による被害者の走行妨害の程度や加害者の判断の不適切性の程度等があります。

つまり、被害者が落ち着いて対処していれば物理的に危険はなかった、被害者の過剰反応も転倒の原因であるという認定がなされれば、被害者側の過失割合は大きくなります。

また、被害者がもっと早くに気づいていれば回避できたとか、速度を守って入れば回避できた、車間距離を守っていれば回避できたというような場合であれば、被害者の過失が大きく取られることもあります。

接触事故でも非接触事故でも、個別具体的にそれぞれの事故態様に応じて過失割合が決められるということに違いはありません。

判例

・大阪地方裁判所平成28年9月2日

「被告の中型貨物自動車が、片側二車線の大阪環状線の第二車線から第一車線に進路変更したところ、第一車線を直進してきた原告の自動二輪車が急ブレーキをかけ転倒した事故」について、裁判所は、原告(二輪車)と被告(中型貨物自動車)の過失割合を50:50と認定しました。

被告には、左後方の安全確認を怠った過失が認められ、原告には、前方不注視の過失と速度超過(スピード違反)の過失が認められています。

 

・大阪地方裁判所平成26年3月11日

「東行片側1車線の左側に分岐点が生じる地点で、原告運転の二輪車が先行する被告運転の自動車を追行する形で走行し、被告車との車間を詰めていたところ、分岐点に差し掛かった被告車が、急に左折の方向指示器を出して左折を開始したため、被告車との接触を回避しようとし原告が急制動し、転倒した非接触事故」について、裁判所は、原告(二輪車)と被告(自動車)との過失割合を2:8と判断しました。

裁判所は、被告には、後方の安全を確認し、合図を出した上で進路変更すべき義務を怠った過失があると認定しましたが、原告にも、被告車両との車間を保持し、その動静に注意して進行すべき義務があるところ、これを怠った過失があるという判断になっています。

3.非接触事故に遭ったらすべきこと

非接触事故は、交通事故の一類型ですので、非接触事故に遭ったときにするべきことは、基本的には交通事故の発生のときにするべきことと同じです。

道路交通法上、警察に報告する義務がありますし、ケガをしたのであれば救急車を呼びます。さらに、自分の保険会社にも連絡をします。

そして、周囲に目撃者がいた場合には、警察が来るまで、その場にとどまってもらうようにしましょう。

ただ、非接触事故の場合は、相手には衝撃がないため、相手はこちらの転倒に気づかずにそのまま走り去ってしまう場合があります。そのようなときには、なるべく相手の自動車のナンバーや種類・特徴を覚えて、警察が駆け付けたときにすぐに伝えられるようにする必要があります。

その後の警察の捜査においては、実況見分や参考人聴取において、事故発生時の状況について、自分の言い分をきちんと述べておくようにしましょう。

因果関係の有無及び過失割合について争われた場合に、当事者が事故直後に述べていたことは非常に重要になるからです。

4.まとめ

非接触事故での過失割合の算定は、被害にあった人、加害者とされてしまった人双方にとって、なかなかそのまま受け入れられるものではないかもしれません。

任意保険会社は、事故の当事者を代理して話し合っているだけで、過失割合を決める権限を持っているわけではありません。

保険会社から提示された過失割合や損害賠償の金額に納得がいかない場合には、早めに弁護士に相談するのがおすすめです。

また、「そもそも因果関係がない」という主張をされた場合には、難しい争いになりますから、すぐにでも弁護士に相談するべきです。

_にお住まいの方、お勤めの方で、交通事故の被害に遭ってしまいお困りの方は、お早めに泉総合法律事務所_支店へご相談ください。交通事故の解決実績が豊富な弁護士が、問題の解決まで寄り添ってしっかりサポート致します。

無料相談受付中! Tel: 0120-023-474 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-023-474
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ