交通事故

藤沢市で交通事故!弁護士にはいつ相談すればいいか?

藤沢市で交通事故!弁護士ににはいつ相談すればいいか?

交通事故は、まず事故が起きて、その後修理や治療が始まり、場合によっては後遺障害等級認定があり……と、長期に渡って事態が経過していく問題です。

そのため、どの段階で弁護士に相談すればよいのか悩まれて人も多いと思います。

タイミングを間違えると、せっかく弁護士に相談をしても、十分なメリットが得られないこともありますので、相談のタイミング、また、依頼のタイミングについて、知っておくことは大切です。

ここでは弁護士に相談する最適なタイミングと、弁護士に相談した場合にどのようなメリットがあるかについて、解説していきます。

1.弁護士に「相談」する最適なタイミングとは

弁護士に相談するのに最適なタイミングはいつなのでしょうか。

以下では、費用との関係も含めて、交通事故の被害にあったときに訪れるいくつかのタイミングごとに、説明していきます。

(1) 相談のタイミングによって弁護士費用は変わる?

弁護士に早めに相談してしまうと、弁護士に多くの費用を支払わなければならないのではないかと心配される人もいるかと思います。

しかし、通常、弁護士への「相談」は、いつのタイミングによっても費用は変わりません。

まず、最近では、初回の法律相談を無料としている事務所も多く存在します。泉総合法律事務所も、初回のご相談は無料とさせて頂いております。

法律相談の結果、その弁護士に正式に事件を依頼することになれば、法律相談料は依頼後の弁護士費用の中に含まれるためにかからないという場合は多いですが、依頼しない場合でも、法律相談だけであれば多額の費用がかかることはありません。

さらには、自分の保険に弁護士費用特約が付いている場合には、法律相談費用も保険から出ますので、費用の心配はありません。

ですから、費用のことを第一に考えて相談のタイミングを決める必要はないでしょう。

(2) 事故直後

弁護士に相談するタイミングとして、まず考えられるのが、事故発生直後です。

交通事故にあって、特に、怪我をしたような場合、治療のために通院しなければなりませんし、心身ともに大変な状況になり、時間を作って弁護士に相談へ行こうと思えない人も多いとは思います。

しかし、交通事故の損害賠償請求の手続きにおいては、できるだけ早めに知っておいた方が損をしてしまわないで済む知識などが様々あります。

通院ひとつとっても、通院先や頻度によって、その後請求できる慰謝料等が変わってくるケースがあります。

また、今後どのように進んでいくのかなど、よくわからない状態だと、不安や悩みが大きくなりますから、専門家である弁護士から当初に説明を受けておくと、気持ちが楽になるなどの効果もあります。

弁護士に相談すれば、どの時点で正式な依頼をするのが適切なのか、費用面の説明も含めて、適切なアドバイスを受けることができるでしょう。

ですから、その時点で弁護士に正式に依頼するかどうかはともかく、まずは事故直後に一度相談に行っておくことをおすすめします。

(3) 相手方から治療を打ち切られそうなとき

交通事故に遭って怪我をして、通院を続けている場合でも、一定の時期がくると、相手方の保険会社から治療の打ち切りを迫られることがあります。

そのような場合、保険会社に言われるままに治療をやめてしまうと、その後の損害賠償金に影響してくることがあります。

ですから、治療の必要があるような場合には、相手方の保険会社から言われたとしても通院を中止せずに、すぐに弁護士に相談した方がよいでしょう。

弁護士に相談・依頼し、弁護士が間に入ることで、保険会社と交渉をして治療を続けられるようになることもありますし、保険会社から治療費が出なくても通院を続けるべき場合なのかどうか弁護士にアドバイスを受けることもできます。

(4) 後遺障害等級申請のタイミング

交通事故の怪我をし、治療をしても良くならないような状態になった場合(「症状固定」の状態といいます)、後遺症が残れば、その後遺症についての損害賠償を受けるために、後遺障害等級申請をして後遺障害等級認定を受ける必要があります。

この後遺障害等級申請には、相手方保険会社が代わって行う方法(事前認定)と、被害者が自ら行う方法(被害者請求)とがあります。

被害者請求には、被害者に有利な資料を準備して申請を行うことができるため等級認定を勝ち取れる可能性が高まるなどのメリットがありますが、必要かつ十分な資料を準備するのは、かなり手間であるとともに十分な交通事故に関する法的知識も必要となってきます。

このタイミングで弁護士に相談をすれば、被害者にとって有利な進め方をアドバイスしてくれますし、必要があれば、受任して、弁護士が被害者請求を代わりに行ってくれます。

(5) 後遺障害等級認定の結果が出た後

後遺障害等級認定がおりて、等級が決定すると、後遺障害に伴う損害賠償の金額の算定もできるようになりますので、等級に不満がない場合には、相手方との示談を行う段階になります。

賠償金額の妥当性を知るためにも、弁護士に相談した方がよいといえます。

一方、後遺障害等級が認定されなかった(非該当)場合や、等級に不満がある場合には、異議申し立ての手続きや裁判を行う必要が出てきます。

これらの手続きをとっても、後遺障害等級認定の結果を覆すのはかなり難しいので、できれば先ほどの説明のように、申請前の時点で弁護士に相談すべきです。

もっとも、弁護士に相談することなくこのタイミングを迎えてしまったのであれば、その後の手続きは弁護士に相談せずに自力で進めるのはかなり困難ですので、弁護士に相談すべきといえるでしょう。

(6) 相手方から示談金の提示があったとき

相手方(保険会社)から示談金の提示があっても、その金額の妥当性を自分で判断するのは容易ではありません。これは、物損事故でもいえることです。

よくわからないまま示談に応じてしまうと、これを覆すことはほぼ不可能となってしまいますから、遅くともこのタイミングでは弁護士に相談した方がよいでしょう。

(7) 弁護士への「相談」は“できるだけ早く“が最適

以上、まとめると、弁護士による法律相談へ行くタイミングは、“できるだけ早く”が最適であるといえるでしょう。

後で説明するように、弁護士に正式に依頼するとなると、弁護士費用がかかってきますので、特に必要性の高くない段階で依頼することにはそれほどメリットがない場合もありますが、法律相談であれば、無料、もしくは安い費用で可能ですし、法律相談の中で、弁護士が依頼の必要性についても説明してくれるからです。

 

2.弁護士に依頼するタイミング

弁護士に「相談」するのは、できるだけ早い方が良いと説明しました。それでは、正式な「依頼」はどうでしょうか。

これらの違いは、弁護士に依頼してしまえば、弁護士が依頼者の代理人として、相手方との交渉などを一手に引き受けます。保険会社との煩わしい交渉などをしなくて良くなる、調停や裁判でも代理人になってもらえるというメリットが生じるのです。

一方、弁護士に依頼すると、法律相談費用以外の、着手金や報酬金などの弁護士費用が発生することになります。

どの時期に受任するかによって金額を変えていない弁護士ももちろんいますが、タイムチャージといって、時間ごとに費用が発生するような方式の場合もありますし、場合によっては、早く依頼した方が費用も多くかかるということもあり得ます。

また、治療の状況などによっては、費用倒れになってしまう可能性もあります。

そのため、弁護士に依頼するタイミングについては、相談のみの場合とは違ってもう少し考えなければならないことがあります。

なお、自分の保険に弁護士費用特約が付いているような場合には、弁護士費用のことは基本的に気にしなくてもよいので、いつ依頼してもあまり問題はありませんので、早めに依頼を決めてしまっても構いません。

以下、基本的には弁護士費用特約がない場合を念頭において、タイミングごとに見ていきます。

(1) 事故直後に依頼すべき場合

交通事故が、怪我のない物損事故の場合や軽い怪我の事故の場合には、事故直後に依頼するメリットはそれほどないかもしれません。

もっとも、死亡事故の場合には、その時点から示談交渉に入ることになりますので、事故直後でもすぐに依頼すべきです。

死亡事故のような不幸に巻き込まれた場合、落ち着かないうちに相手方の保険会社から示談金の提示を受けて、よくわからないまま示談に応じてしまうということも少なくありません。

しかし、このような大きな事故の場合、弁護士に依頼した場合の方が、大幅に賠償金額が大きくなることがほとんどですから、示談してしまう前にできるだけ早く弁護士に交渉を依頼してしまうのが得策です。

(2) 治療中

①軽い怪我の場合

軽い怪我で、治療中の場合、後遺症が残るかどうかわからないような段階では、弁護士に依頼するメリットはあまりない可能性があります。

短い治療期間で後遺症も残らなかった場合、あまり高額の損害賠償金にならないこともありますので、この時点で着手金を支払って弁護士に依頼してしまうと、費用倒れになる可能性も0ではないからです。

②治療を打ち切られた場合

まだ治療を続けたいのに打ち切られた、打ち切られそうになった場合には、保険会社との交渉が必要になりますから、場合によっては、弁護士に依頼すべきこともあります。

特に、後遺障害が残りそうな場合には、後遺障害認定のためにも、ある程度早い段階から医師とのコミュニケーションが必要になることもありますので、弁護士に依頼するメリットが大きいことがあります。

具体的にはケースバイケースですが、相談に行った際に、弁護士が適切な方法をアドバイスしてくれるでしょう。

(3) 後遺障害等級申請のタイミング

先ほど説明したように、後遺障害等級認定の申請の場面では、弁護士に依頼するメリットがありますので、後遺障害が問題になっている場合には、できる限りこのタイミングで弁護士に依頼して方がよいといえるでしょう。

(4) 相手方から示談金の提示があったとき

提示された示談金の金額の妥当性を知るために、弁護士に相談した方がよいことは先ほど説明しました。

慰謝料の金額の基準には、自賠責保険において定められた自賠責基準、任意保険会社が独自に設定する任意保険基準、弁護士が請求する際に用いられる弁護士(裁判)基準があります。

この中で一番高額な基準は、弁護士基準です。そのため、弁護士に依頼することで、慰謝料等の金額は大幅にアップする可能性があります。

特に、ある程度損害賠償金の額が大きい場合には、弁護士費用を支払っても得になるような賠償金のアップが見込めますので、正式に依頼して、示談交渉を任せてしまった方が得策です。

3.藤沢市での交通事故のお悩みは泉総合法律事務所藤沢支店へ

以上のように、弁護士に相談するタイミングが遅れて後悔をすることのないように、交通事故の被害にあったら早めに弁護士に相談することをおすすめします。

その後依頼するかどうか、どの時点で依頼するかどうかについては、弁護士に相談することで最適な方法を見つけることもできますので、まずは相談してみましょう。

泉総合法律事務所では、初回の相談は無料でお受けしております。また、相談時に弁護士費用を含め、今後の見通し等を分かりやすくご説明させて頂きます。

交通事故のご相談は、泉総合法律事務所藤沢支店を是非ご利用ください。

無料相談受付中! Tel: 0120-023-474 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-023-474
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ