交通事故

後遺障害等級認定を弁護士に依頼するべきか迷っている方へ

後遺障害等級認定を弁護士に依頼するべきか迷っている方へ

交通事故後、きちんと治療を続けても残念ながら完治しないことがあります。

この時に考えるべきは後遺障害等級認定です。後遺障害等級認定を受けることで、後遺障害慰謝料を請求することができ、被害者のこれからの生活の支えとなります。

後遺障害慰謝料については、あらかじめ等級ごとに慰謝料額、逸失利益の額が定まっているため、適正な慰謝料を請求するためには希望等級の獲得が必要不可欠です。

このとき迷うのが、「弁護士に依頼すべきか」という点でしょう。

そこで今回は、後遺障害等級認定で弁護士ができることについてご説明致します。弁護士が行う手続きから、弁護士に依頼するメリット・デメリットについても分かりやすくお伝えいたします。

1.後遺障害等級認定で弁護士ができること

まずは、後遺障害等級認定で弁護士ができることについてご説明します。

なんとなく相談したほうがよいとは思っているものの、具体的に何をしてくれるのかわからないまま依頼するのは不安でしょう。

後遺障害等級認定申請では、弁護士は主に以下のような内容を行うことができます。

  • 後遺障害等級認定手続きの代行
  • 必要資料の収集
  • 後遺診断書のチェック

後遺障害認定手続きは、被害者の方だけでも行うことは可能です。

もっとも、手続きに不慣れな被害者の方が行う場合は、余計に手間がかかってしまいます。この点、弁護士なら手続きに慣れているため、スムーズに進めることができます。

後遺障害等級認定手続きでは、後遺障害診断書を医師に作成してもらい、必要書類を添付の上申請を行う必要があります。もっとも、等級獲得に必要な資料や内容については、被害者の方が詳しくご存知でないことも多いでしょう。

交通事故を多く取り扱う弁護士なら、必要書類をチェックし、適正に手続きの準備を進めることが可能です。被害者にとって有利な結果となるように、後遺障害診断書の内容まで確認します。

このように、複雑な後遺障害等級認定も弁護士に依頼すれば全てお任せすることができます。

示談交渉も任せられる

交通事故後の手続き等で、一番重要ともいえるのが、相手方との交渉です。

相手方が任意保険会社に加入している場合は、任意保険会社の担当者との交渉となります。

任意保険会社の担当者は、プロとして何件もの交通事故の交渉をまとめてきています。一方、被害者は通常初めての交通事故であるため、担当者との知識に差があり、交渉格差が出てしまいます。

交渉格差があると、担当者の言い分を鵜呑みにしてしまい、損害賠償額で損をしてしまうこともあるのです。

この点、後遺障害等級認定の手続きを弁護士に依頼すると、任意保険会社とのその後の示談交渉も任せることができます。

交渉上の格差はなくなり、あなたにとって有利な展開も期待できるでしょう。面倒な交渉ごともすべて弁護士に任せることができます。

仮に、等級認定申請を行ったものの希望等級が獲得できなかったとしましょう。その場合も、弁護士が異議申し立ての手続きをサポートします。

異議申し立てで結果が覆る可能性は低いと言われていますが、プロの弁護士がサポートすれば可能性はあります。異議申し立ては回数制限等もありませんので、諦めずに希望等級獲得のために尽力していくことが大切です。

このように、弁護士に後遺障害等級認定の手続きを依頼すると、交渉ごとも任せられます。異議申し立てなどの事後の問題も任せられるため安心です。

2.後遺障害診断書の作成のサポート

次に、後遺障害診断書の作成を弁護士に依頼するメリットについてもご説明します。 

弁護士に後遺障害診断書の作成を依頼すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

(1) 希望等級獲得の可能性が上がる

被害者にとってのメリットとしては、ズバリ希望等級獲得の可能性が上がることです。

任意保険会社に後遺障害等級認定手続きをお任せすると、手続き的には楽です。被害者が資料収集をしたり申請手続きをしたりする必要がないため、負担なく申請を終えられる点は被害者にとって大きなメリットといえます。

しかし、任意保険会社に依頼すると、どうしても任意保険会社寄りの認定になりがちです。というのも、任意保険会社が自賠責保険に後遺障害等級認定の申請をする場合は、主治医の診断書に加えて、他の医師の意見書なども添付した上で申請しているケースがあるためです。

添付書類は、必ずしも被害者にとって有利な資料というわけではないため、等級が下がってしまう可能性もあります。任意保険会社に任せると、最良の条件では申請できない点がデメリットといえます。

もっとも、弁護士に依頼すると、手続きは被害者が依頼した弁護士主導になるため、被害者にとって好条件の申請が望めます。後遺障害診断書の記載内容をチェックし、必要な場合は医師に修正を要求することも可能です。

また、等級を得るために必要な検査があれば追加で検査を依頼することもあります。

このように、希望等級獲得のために必要な指示を弁護士が出すことは、被害者にとって大きなメリットとなります。

(2) 被害者にとって有利な資料収集が望める

後遺障害等級認定は、全面的な書類審査です。そのため、後遺障害診断書だけでなく、添付書類も非常に重要となります。

弁護士に依頼すると、希望等級獲得のために必要な資料を収集してもらえます。具体的には、弁護士の意見書や他の医師による診断結果などです。

ご自身で適切な資料を収集することは大変です。なぜなら、希望等級獲得のために必要な資料かどうかには専門的判断が必要不可欠であり、医療や法律の知識がない被害者の方が行うことは非常に困難であるためです。

また、被害者の方は後遺症に苦しまれていることと思います。そのような心身の状態の中、難しい手続きを1人で進めていくことは大きな負担となります。

この点、弁護士に任せてしまえば、精神的にも、身体的にも負担が小さくなるはずです。

また、被害者に好意的な医師による診断書作成をお願いすることができます。

微妙な判断が必要な症状の場合は、医師によって見解が分かれることもあります。担当医が被害者に対し好意的な見解でない場合は、別の医師に依頼し診断書を作成してもらうことも可能です。

このように、弁護士に依頼することで被害者に有利な後遺障害等級結果が期待できます。専門家とともに万全の準備を行いながら手続きを進められるのは、大きなメリットになるでしょう。

3.弁護士依頼のデメリットと解消方法

では、後遺障害等級認定手続を弁護士に依頼するデメリットはあるのでしょうか。

(1) 弁護士費用がかかる

被害者にとって、一番気にかかるのはコスト面の問題でしょう。弁護士費用がかかってしまうため、費用が工面できるのかという点が気がかりです。

実際、弁護士に依頼したいものの、費用が気になり依頼できないという方も多いようです。

(2) 希望等級が獲得できないことも

また、必ずしも希望等級が獲得できるとはいえないのもデメリットの1つです。

弁護士にご依頼いただければ、被害者にとって有利な結果が出る可能性は高くなります。

もっとも、審査するのは自賠責保険の機関です。そのため、必ずしも希望等級が獲得できるとはいえないのがもう1つのデメリットとなります。

(3) 金銭面・獲得確率のデメリット解消方法

以上のデメリットは、場合によっては解消できることもあります。

①費用面

まず、費用面についてですが、弁護士費用特約を利用できればコストは0になるため、費用の心配なくご依頼いただくことが可能です。

弁護士費用特約とは、自動車の任意保険等に付帯されているオプションです。交通事故等の被害にあった際、弁護士費用を300万円まで保険会社が負担する内容となっています。

ほとんどのケースで、300万円以上の弁護士費用がかかることはありませんので、安心してご利用いただけるはずです。相談時にどれくらいの費用がかかるか尋ねておくことで不安を払拭できるでしょう。

特約に加入しているかは、保険証書をご覧になれば確認できます。最近では自動車保険にパッケージ商品として付帯されていることもあるため、知らずに加入しているケースもあります。

特約に加入していない場合で、費用面の不安がある場合は、法テラスにご相談ください。費用の分割払いなどのサポートを受けられる場合があります。

②獲得確率面

次に、希望等級獲得の確率についてです。

必ずうまくいくとはいえませんが、いくつかポイントをおさえるだけで希望等級獲得の可能性を上げることはできます。

まず、法律事務所は、交通事故を多く取り扱っている事務所を選んでください。法律事務所にも専門があり、離婚案件を多く承っている事務所もあれば、刑事事件専門の事務所もあります。

各ホームページをご覧になれば、これまでの実績などが掲載されていることがあるため、交通事故や後遺障害等級認定の経験が豊富かどうかが判断できます。

また、できる限り後遺障害認定申請前にご相談ください。

認定結果が出た後でも、異議申し立てを行うことで結果が覆ることはあります。

しかし、実際上認定結果を覆せる確率は1割程度といわれており、難しいケースとなってしまいます。最初の申請の段階で万全の資料を収集し提出する方が希望等級獲得の可能性は上がるといえるでしょう。

4.後遺障害等級の診断書作成は弁護士にお任せを

後遺障害等級認定手続は、被害者にとっては分からないこともあり、不安も多いでしょう。資料や診断書を集めることができても、これで十分なのかどうか判断ができないこともあると思います。

そんなときこそ、専門家である弁護士に意見を求めてください。

交通事故を数多く取り扱う泉総合法律事務所では、後遺障害等級認定に関するご相談も数多くいただいております。実際のケースを見た上で、後遺障害認定等級申請に何が必要かをわかりやすくご説明させていただきます。

また、認定結果に納得ができない場合も、異議申し立てをしましょう。被害者の方にとって最良の結果が獲得できるように最大限サポートいたします。

後遺障害等級認定手続でお困りの方は、ぜひ泉総合法律事務所藤沢支店にご相談ください。経験豊富な弁護士がお悩みを解決いたします。

無料相談受付中! Tel: 0120-023-474 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-023-474
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ