法人破産 [事例8]

開業当初の借入が原因で借金4000万円⇒破産手続により借金0円に

車販売修理業
債務整理方法借金総額
会社破産 4000万円⇒0円

背景

Aさんの会社は、開業当初から年商1億円以上を売り上げるなど、一見して経営は順調そうでした。しかし、実は開業時に事業資金として借入れた借金返済が、毎月数百万円に上っていました。
その後、経営改善のためにさまざまな努力を続けましたが、追加融資を金融機関から断られ、給与遅配などが発生していました。
Aさんは、これ以上の会社継続をあきらめ、会社を整理すべく当事務所へ相談にいらっしゃいました。

対応

ご依頼後、弁護士が調査を進めていくと、過去に処分した資産が決算書に記されていました。Aさんに話を伺うと、「すでにその資産は処分済みで手元にはない」とのことでしたが、この点を裁判所や管財人にきちんと説明し、理解してもらう必要がありました。
そこで、その事実を証明するための資料収集をAさんにはお願いしました。その後、それらの資料が集まり、弁護士がその内容について精査しました。

結果

破産申立後、予想通り処分した資産の行方について、裁判所や管財人から説明を求められました。しかし、Aさんに収集いただいた資料をもとにきちんと説明できたことで、管財人らの理解が得られました。
結果、無事に手続が終了し、会社名義の借金4000万円が0円になりました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-023-474 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-023-474
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ