交通事故 [事例14]

後遺障害非該当から異議申し立てで14級認定・300万円超の示談金獲得

30代男性
主な症状損害賠償金
腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニア、腰部神経障害疼痛、大腿挫傷等 317万円

背景

駐車場にて、Aさんが、駐車していた自車の助手席ドアを開けて車から出ようとしたところ、Aさんの車両の隣の駐車スペースに駐車しようとした相手車が、後方確認を怠ってAさんの車両の助手席ドアにぶつかり、そのままアクセルを踏み続けたため、Aさんはドアと車体の間に挟まれ、怪我を負ってしまいました。

Aさんは治療中でしたが、相手保険会社の対応に不安があったことなどから、ご相談いただきました。
幸い弁護士費用特約にご加入でしたので、弁護士費用の費用対効果を気にすることなく、お引き受けすることができました。

対応

相手保険会社の治療の支払い対応が途中で打ち切られ、その後は健康保険に切り替えて通院しました。
その後、症状固定となりましたが、痛みが残っていたため、後遺障害申請を行うも、初回の申請では非該当の結果となってしまいました。

そのため、新たに医療照会等を行い、異議申し立てを行ったところ、後遺障害14級の認定を獲得することができました。
これを前提に、相手保険会社と示談交渉を行い、通院慰謝料を弁護士基準の90%とした以外は、ほぼこちらの請求通りの和解が成立しました。

結果

Aさんは、弁護士費用特約に入られていたので、事故直後から費用の心配なくご依頼をいただくことができました。それにより、相手保険会社とのやり取りを代理人弁護士が行うこと、通院や後遺障害申請に向けてのアドバイスを受けられること、最終的な示談交渉で示談金額を上げること、といったメリットを受けることができました。

また、後遺障害については、当初非該当の結果でしたが、本件が車対車の事故ではなく、Aさんの身体に直接の衝撃が加わる事故であったため、医療照会をする等して、あきらめずに異議申立を行い、異議が認められるという結果を得ることができました。

結果的には、300万円を超える示談金をAさんは獲得することができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-023-474 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-023-474
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ