交通事故 [事例9]

40代兼業主婦、後遺障害14級で400万円超の賠償金獲得

40代女性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、腰椎捻挫、背部挫傷 400万円

背景

Aさんは、ロータリーで停車中でした。後方の加害車両が車両を発進させようとした際、Aさんの車両との車間距離が狭かったため、一旦車両を後退させようとしたところ、ギアをバックではなくドライブのままでアクセルを踏んだため、Aさんの車両に追突した事故でした。

相談時はまだ治療中でしたが、Aさんは、自分だけで対応すると保険会社に言いくるめられて、不利な条件を呑まされてしまうのではないかと危惧し、こちらも専門家である弁護士を付けた方がよいと考え、当事務所での相談に至りました。

対応

Aさんは、いわゆる兼業主婦であったことから、休業損害と逸失利益の額が争いとなりました。

相手損保会社との間で任意の示談交渉を試みたものの、結局合意はできなかったため、交通事故紛争処理センターへの申立を行いました。その手続きの中で、Aさんの主婦としての生活実態等を主張立証して、当方主張の金額の正当性を訴えました。

その結果、斡旋人はあっさりと当方の主張を全面的に認めてくれたため、当方主張の満額で示談することができました。

結果

兼業主婦の主婦休損が認定され、賠償金も400万円超と高額になりました。

会社員という立場ですと,「主婦」による休業損害を認定してもらうのは通常困難です。
しかし、家事労働への支障等、損害の正当性を訴えて、斡旋人の理解を得られたことが勝因だと考えています。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-023-474 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-023-474
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ